キャッシングには大きく分けると消費者金融系と銀行系があります。

それぞれに特徴はあるのですが、

今回は銀行系カードローンの特徴をみていきたいと思います。

銀行系カードローンを比較してみると、

やはりいくつかの共通点があることにきがつきます。

まずは審査についてですが、基本的にハードルは高めに設定されていることが多いです。

パートやアルバイトでは審査の申込みすらできない銀行もあります。

また、金利についてですが、

こちらは逆に消費者金融と比較すると低めに設定されています。

消費者金融が18%くらいの会社が多い中、

銀行カードローンの場合は一桁台の金利設定というのも珍しくありません。

さらに銀行カードローンの場合は総量規制には該当しないので、

年収の3分の1までという制限には引っかかることはありません。